ヒューズ製品と市場の適合性(一般,産業,車載)

回路保護素子であるヒューズは,スマートホンなどの民生機器から通信機器などの産業機器,車載部品など幅広い製品に使用されています.そのため,ヒューズに求める性能も製品により異なります.
産業機器の場合,一般的に製品寿命は,民生機器よりも長く設定されています.そのため,ヒューズに長期間での信頼性保証が要求されます.
車載用途の場合には,高温下や温度変化の大きい環境でヒューズが使用される場合があります.その場合には,高温下での信頼性保証や温度変化に対する信頼性の保証が要求される場合があります.
具体的なヒューズの設計の工夫としては,次のような例があります.

  1. 温度変化による膨張と収縮を吸収できるようなヒューズ・パターンにする
  2. 硫化を防ぐために,銀や銅などの硫化しやすい材料は使わない
  3. 硫化しやすい材料を使う場合は,構造の工夫やコーティングなどで硫化を防ぐ
  4. 高品質を維持するために,工程内管理を強化する

〈高藤裕介〉

「先進アナログ技術研究会」のご案内


現役エンジニアのための会員制技術コミュニティ「先進アナログ技術研究会」開幕

トランジスタ技術 for プロフェッショナル「アナログウェア」編集部では,小誌の強みを生かし,現役エンジニア1人1人が,ジャンルや企業の垣根を越えてつながる技術交流コミュニティ「先進アナログ技術研究会」を立ち上げます.
本会は,技術情報の収集はもちろん,製品開発のパートナ探しや製品PR,仕事のきっかけ作りにご利用いただけます.