定常電流と異常電流の差が小さいときの対策例

定常電流と異常電流(過負荷電流)の差が小さいと,ヒューズによる回路の保護が困難なことがあります.
解決の例として,図Aに示すような回路を用いて,過電流を検出したときにヒューズに流れる電流を意図的に増やすことで,使用可能なヒューズの候補を増やすことができます.
過電流を検出する機構を設けるのなら,ヒューズの代わりにリレーや半導体素子などで回路を遮断する方法でもよさそうですが,ヒューズを使うことで回路を電源から完全に切り離せることに安全上のメリットがあります.
また,過電流を検出する代わりに,過電圧を検出する機構と組み合わせれば,疑似的に過電圧で溶断させることもできます.

〈高藤 裕介〉

図A 過電流を検出してヒューズを確実に溶断させるための経路を導通させる回路例

「先進アナログ技術研究会」のご案内


現役エンジニアのための会員制技術コミュニティ「先進アナログ技術研究会」開幕

トランジスタ技術 for プロフェッショナル「アナログウェア」編集部では,小誌の強みを生かし,現役エンジニア1人1人が,ジャンルや企業の垣根を越えてつながる技術交流コミュニティ「先進アナログ技術研究会」を立ち上げます.
本会は,技術情報の収集はもちろん,製品開発のパートナ探しや製品PR,仕事のきっかけ作りにご利用いただけます.